0 Cart
カートに追加されました
      カートに個の商品があります
      カートに1個の商品があります
        合計

        長崎県佐世保・松浦。
        創業以来、缶詰づくり一筋。

        相浦缶詰について

        1949 年創業。
        九州の豊かな自然の恵みを主原料とした、
        いわし缶詰、さば缶詰、みかん缶詰など、
        一年を通しておいしく健康的に食べられる缶詰を
        製造しています

        創業からの
        歩み

        地場産へのこだわり

        1949 年(昭和 24 年)、「いわしのトマト漬缶詰」を生産する 缶詰工場として、長崎県佐世保市の相浦にて創業。 その後、九州で水揚げされるサバや地元長崎の特産物である 温州みかん等の缶詰製造にも着手し、以来、地場の 水産・農産物を中心とした缶詰づくりを行っています。
        時代に合わせた商品づくりをモットーに、 “HEART TO HEART” の精神で、 喜びを分かち合える風通しのよい経営に取り組み、 現在、西日本で唯一の青物缶詰(さば・いわし)の 製造拠点となっています。

        グローバル視点
        の経営

        長崎から世界へ

        当社の強みは、グローバル展開力。
        1980 年代から海外製造拠点での製造展開に取り組んでいます。 現在は、シンガポールの営業拠点を中心に、インドネシア、 マレーシア、メキシコにて缶詰・水産加工品の 製造・販売を行っています。
        今後も、国内外の拠点とタイアップしながら、時代と共に変化する市場やニーズに対応した組織づくりに取り組んでいきます。

        グローバル視点
        の経営

        缶詰企業
        としての使命

        缶詰企業
        としての使命

        缶詰文化を絶やさない

        缶詰は、おいしさや健康面、そして保存性の高さから、世界中の国で古くから親しまれてきた食品です。
        この缶詰という食文化の魅力を、日本の缶詰発祥の地・長崎県から伝えつづけると同時に、時代に即した新しい缶詰を生み出すことで、世界中の「缶詰文化」を守りつづけていきたい。
        それが、世界へ進出する缶詰企業としての使命です。

        商品の購入は
        こちらから